« ゲップ | トップページ

育児休暇の振り返り

【生後49日目】1/10(月)

今日で育児休暇も終了。明日から職場復帰。
いままでのように悠くんと一緒に過ごせないと思うと
本当に寂しい気持ちになります。

今日計った悠くんの体重は4.7kg。
この1ヶ月半で2kg強増えました。
生まれたときからすると、もうすぐ2倍です。

49日に渡って一日も欠かさず日記を書き続け、
撮った写真はなんと1195枚。
そのうち197枚をWEBにアップしました。

我ながらよく続いたなぁ、と思います。

最後に出産までの道のりと同じく、
この育児休暇中に特に印象的だったことを
振り返っておきたいと思います。

************************
【1】産後サポートの必要性

うちは無痛分娩だったので、
母体の消耗がまだ少ないほうだったのですが、
それでも出産からしばらくはグッタリしていました。

そして、授乳に伴う細切れ睡眠との戦いが
すぐ始まってしまいます。

そんな状態で家事育児をフルに行うのは
さすがに無理があると思います。

幸い、自分は育児休暇をとる事で
そんな状態の妻をサポートすることができ
本当によかったと思います。

もちろん里帰り出産という手もあるのですが、
毎日一緒に過ごすことで妻への感謝の気持ちや
我が子への愛情も一層深まります。

「父親も育児休暇を取るのが当たり前」

早くそんな社会になるといいな、と強く思います。

************************
【2】オムツ替えと沐浴

日々の仕事の中で自分にとっての一番の懸案は
「オムツ替えと沐浴をいかに手際よく行うか」でした。

失敗しては、対策を考え・・・の毎日でしたが、
色々と工夫をこらして課題解決するのが元々好きなので、
自分は結構楽しく取り組めました。

そして「紙オムツ」と「お尻拭きシート」の
偉大さに感動しました。

特に紙オムツを発明した人、
そして普及、改善させていった人たちは
本当に偉大だと思います。

各メーカーのみなさまのたゆまない努力に
感謝の念を禁じえません。

************************
【3】運動不足

自分はいつも歩数計を身につけているのですが、
育児休暇中は歩数が激減。

育児休暇に入る前は1日8000歩くらいだったのが、
買い物に出ない日は1000歩もいかないときがあり
正直、驚愕しました。

家事育児も「仕事」としては色々とやることは多いのですが、
「運動」という面ではやはり不足気味なので
ジム通いなどして積極的に運動しないと
すぐ太っちゃうんだろうな、と思いました。

自分は食事量をコントロールしていたので
特に体重は増えませんでしたが、
体力・筋力はかなり落ちてしまったな・・・と思います。

************************
【4】母親の偉大さ

授乳をはじめとする産後の大変な様子を
間近で共有できたのは本当に良かったと思います。

また、自分には全く聞こえない遠くでの泣き声を感じ取ったり、
泣き声を聞くと自然と母乳が出たり、という
母親としての「本能」には驚きました。

そんな妻の姿は本当に偉大、と思うと共に
自分の母親に対しても、改めて感謝が深まりました。

************************
【5】保育園問題

当事者になることで待機児童の問題については
改めて色々と考えさせられました。

結論として、

 「行政に不平不満を言うだけでは何も変わらないし
  今以上のことを期待するのも無理がある」

ということだと思います。

この状況を変えうるのは
やはり民間の力ではないかと自分は考えています。

「いつかこの問題に仕事として取り組んでみたい」
そんな気持ちが芽生えてきています。

************************

「この子にはどんな未来が待ち受けているのだろうか」

最近、そんなことをふと考えたりします。

高齢化社会をはじめとする様々な諸問題を考えると
おそらく今よりも厳しい世の中になることには
間違いないように思います。

でも、世の中のことを嘆いていても仕方がないので、
たとえどんな厳しい世の中であっても、

 「自分の未来は自らの力で切り拓いていこうとする」

そんなたくましい子に育って欲しい、そう願っています。

そのためには、どんな環境を与え、
どんなことを伝えていけばいいのか、
これから悩む日々が続くのだと思います。

元々この日記、そして出産までの日記は
いつか我が子に見せたい、と思って綴ってきました。

※ココログを利用したのも実は製本サービスがあるから、です。

自分自身がそうだったのですが、

 「自分がどんなに多くの人に祝福されて生まれてきたか」

そして、

 「自分がどんなに両親に愛されて育ってきたか」

そんな大切なことを自覚する機会が
自らが親になるまで、案外なかったりすると思うのです。

もしいつか、悠くんが

 「このまま生き続けるのは苦しい」

と思ったり、ひょっとしたら

 「いっそ、もう死んでしまいたい」

となんて思ってしまった時に

この日記のことを思い出してくれると
少しは助けになったりするのかな、と思ったりしています。

この日記は育児休暇中だけのつもりでしたが、
今後も続けてみようと思います。
http://site-tiara.cocolog-nifty.com/

多分、気が向いたらぐらいの更新になると思いますが、
もしよろしければ、引き続きのご愛読をよろしくお願いいたします。

|

« ゲップ | トップページ

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441588/38584897

この記事へのトラックバック一覧です: 育児休暇の振り返り:

« ゲップ | トップページ